ブラック企業の見分け方〜広告で見分ける〜

ブラック企業の見分け方〜広告で見分ける〜

ブラック企業に勤め始めてしまうと、耐性ができてしまい自分の置かれている環境が劣悪なのかどうかを見極めることが難しくなってしまいます。出来ることなら最初からブラック企業と呼ばれる会社には就職しないようにしたいですね。就職前にその会社がブラックなのかどうかを見分ける方法があります。

 

☆「広告文句で見分ける」
求人広告や求人サイトにはその会社のアピールポイントが載っています。この広告文句である程度ブラック企業なのかを見極められることが出来ます。
注意すべき点は「過剰にセールスポイントをアピールしている」ということですね。幹部候補募集や、事業拡大のための募集となると、やりがいのある仕事のように思えますが、実際には「幹部候補募集→初心者でも責任重大」「事業拡大のための募集→年中人手不足」なのかもしれません。
何の知識もないのに、幹部にされて責任のある仕事を任されるとなったらストレスは膨大になることでしょう。また、年中人手不足の会社に入ってしまったらその不足分を補うために過剰に働かされることになるかもしれません。

 

他にも、「アットホームな職→一族経営の企業」「がんばりを評価→完全歩合制」などがあります。甘すぎるアピールポイントには気を付けましょうね。