ブラック企業の見分け方〜パワハラ〜

ブラック企業の見分け方〜パワハラ〜

過剰な労働時間を強いるのがブラック企業の特徴です。労働基準法で定められている労働時間を基準として、自分の労働時間を照らし合わせれば過剰な労働を強いられているのか、そうではないのかが分かるので、ブラックなのかどうかも判断しやすいですね。

 

しかし、自分自身ではブラックなのかどうか判断しにくい事例もあります。それが「パワハラ」いわゆるパワーハラスメントです。
パワハラの定義は「職場において立場の弱い人間に対して、権限のある人間(上司)が継続的に無理難題を強要したりし精神的・肉体的に苦痛を与え、結果的にその人間の働く権限を侵害するもの」です。上司にから肉体的苦痛となる暴力を受けた場合は、自身や周りの人達もはっきりとパワハラだということが分かります。

 

しかし、精神的苦痛となるパワハラは本当にそうなのか分かりにくいものです。
人間性が優れており信頼・尊敬している上司からの厳しい言葉は、受け取る側によっては自分への励ましの言葉として受け止めることでしょう。しかし普段から馬の合わない、ハッキリ言って嫌いな上司から全く同じ内容の厳しい言葉を受けたとしたら、自分への励ましの言葉として受け止めることができるでしょうか。同じ言葉だとしてもパワハラだと感じるかもしれません。暴力はわかりやすいパワハラですが、受け止める側の感じ方によって違いが生じる言葉のパワハラは非常に判断しにくいものなのです。

 

パワハラかどうか判断がつかない場合は、まず信頼できる人に相談してみて下さい。客観的な立場の人間なら判断できることでしょう。それでもわからない場合は各都道府県の労働局に設置されている労働相談機関に問い合わせてみてください。
「パワハラかな?」と思ったらすぐに誰かに相談しましょう。一人でじっと耐えるのは絶対にダメですよ。