ホワイト企業の見分け方

ホワイト企業の見分け方

地獄の職場がブラック企業だとすると、それとは反対の天国の職場がホワイト企業ということになります。

 

ホワイト企業なのかどうかを見分ける判断基準は「人を大切にする会社」であるかどうかということです。
企業の顧客はもちろんのこと、働く従業員を大切に扱っている会社がホワイト企業と言えましょう。厚い福利厚生、人材教育、労働法定である36協定を守っている会社がホワイト企業です。これらのことは入社してからでないと分かりにくいので、入社前に判断できる方法を紹介しましょう。

 

☆「採用までのステップが多い」
ホワイト企業は人を大切にしていく会社なので、働く人のことをしっかりと理解しようとします。そのため、採用する際には1度の面接で決めるのではなく、人間性を理解するために何回かのステップがあります。面接は会社側も時間と労力を使うものなのでハッキリ言って面倒なものです。しかしそこに時間と労力をかけるのはホワイト企業ならではと言えましょう。だいたい面接だけでも3回は行います。

 

☆「入社後研修がある」
入社後に新人研修を設けているのもホワイト企業の特徴の一つです。会社としては利益を得るために新人であってもさっさと働いて欲しいものです。
しかし、利益の発生しない新人教育をしっかりと行っているのは、人を大切にしている証拠でもあります。入社後に新人教育があるのかどうかを事前に調べておくと良いでしょう。

 

自分を大切に思ってくれる会社であれば、自分も会社のために貢献しようと頑張ることができますね。働くのであれば天国の職場で働きたいものです。